ストレスチェック, ブログ, 産業医契約

今日は国際女性デー

愛泉会の健康経営アドバイザーYです。


今日は「国際女性デー」ですね。

国際女性デーは、「全ての女性の自由と平等を願う日」として、国連により制定されました。

また3月8日は、イタリアでは「ミモザの日」とされ、女性に感謝を込めて、母親や妻、友人、会社の同僚などに愛や幸福の象徴でもあるミモザを贈るのだそうです。素敵な習慣ですね!


各国の男女格差の度合いを示す「ジェンダー・ギャップ指数2020」によると、日本は153ヵ国中121位と先進国最下位の状況です。

この数字は最近報道でも頻繁に取り上げられているので、耳にした方も多いのではないでしょうか。

労働人口が減少していく中で、女性の積極的な活用は喫緊の課題です。


女性の活躍推進に関する状況等が優良な事業主の方は、申請により、厚生労働大臣の認定を受けることができます。

えるぼし認定・プラチナえるぼし認定

認定を受けた企業は、厚生労働大臣が定める認定マークを商品などに付することができます。

この認定マークを活用することにより、女性の活躍が進んでいる企業として、企業イメージの向上や優秀な人材の確保につながるなどといったメリットがあります。

国際女性デーを機に、認定制度にも積極的にチャレンジされてみてはいかがでしょうか。






大阪・神戸・京都地域の事業所様へ産業医をご紹介します。巡回健診・ストレスチェック・訪問診療のご相談は愛泉会におまかせください。