ストレスチェック, ブログ, 産業医契約

今日はひなまつり

愛泉会の健康経営アドバイザーYです。


あっという間に3月を迎え、今日はひなまつりですね!

蕾の状態で買ってきた桃の花が、ちょうど今朝開花してくれました。

ひなまつりは桃の節句とも言われますが、そもそも「節句」とは季節の変わり目の「忌み日」に行事を行う習慣のことで、中国から伝来したものなのだそうです。

陰陽五行では奇数を陽数、偶数を陰数といい、陽数が重なる日、つまり奇数が連なる日が忌み日とされます。

中でも3月3日、5月5日、7月7日、9月9日は特別な忌み日とされ、そこに日本の呪術的要素が加わり、穢れを祓うための節句として定着したのだそうです。

個人的には「忌み日」のイメージなんて全くなかったひなまつりですが、ひな祭りの本質は穢れ祓いの行事であったため、祭りにつきものの雛人形、白酒、菱餅、そして桃の花は、それぞれに穢れ祓いのための重要な役割を持っているのだそうです。

雛人形は穢れを背負わす身代わりの形代。

白酒と菱餅は身代わりになってくれる人形への報酬。

そして桃の花は魔除けの効果があるとされていたのだそうです。


愛泉会事務所のある兵庫県で、初めてコロナの陽性者が確認されてから早1年。

ウィズコロナの時代を覚悟しつつも、桃の節句の力を借りて、コロナ禍による負の影響をできる限り最小限に抑えたいものです。




大阪・神戸・京都地域の事業所様へ産業医をご紹介します。巡回健診・ストレスチェック・訪問診療のご相談は愛泉会におまかせください。