ストレスチェック, ブログ, 産業医契約

成功曲線

愛泉会の健康経営アドバイザーYです。

皆さま、「成功曲線」というものをご存知でしょうか?

「成功曲線」とは、ある一定期間までは少しずつしか成果が出ないのですが、
 ある地点を超えたときに急に成果が出始める、と言う法則なのだそうです。

私は最近、とあるブログでこの言葉を知ったのですが、なかなか面白かったのでご紹介させてください。



“「新聞紙を何回折りたためば、富士山の高さになるか?」

どうですか?

新聞紙ですからね。それが富士山の高さになるってよっぽどですよね。

私のイメージは「100回ぐらい・・・」でした。

一応ですね、私、こう見えても一応、理系なんです。

なので、この100回って
いい線いっていると思ったんです。

ところが・・・

なんと、

たったの25回です。

新聞紙をたった25回折りたたむと富士山の高さになっちゃうんですって!

つまり、こういうことです。

新聞紙の厚さを0.1ミリとします。

1回折ると、0.2ミリですよね。これが2回で0.4ミリです。

先ほども言ったようにわたくし、理系ですから、10回折ると1024倍に
なることぐらい知ってます。

それでも、102.4ミリですよ。つまり10.24センチです。

12回折ると、409.6ミリ、つまり、40.96センチ。

約41センチですよ。

12回って、25回の約半分ですよ。

半分まで折って41センチにしかならないのに、あと、13回折ったらホントに
富士山の3,776 メートルと思えます?

でも、なっちゃうんです。

この後、17回目で10メートルを超え、20回目で100メートルを超え、

そして、25回目では3355443.2ミリ。

つまり、

3千3百55メートル443.2ミリとなり、ほとんど富士山と同じ高さになり、
あと1回折れば、6千メートルを超えるんです。

これ、どうですか?

私は驚いたんです。

そりゃぁ、計算すれば確かにそうなるんです。

でも、たった25回で新聞紙が富士山の高さになるんです。

で・・・、ここで終わったら
だだの雑学を知っただけです。

この章のタイトルは
「雑学に学べ」ですよ。

「雑学を学べ」じゃないんですよ。

このお話から何を学ぶかです。

この本にはこう書いてありました。

=========
この折った回数ごとの新聞紙の厚さをグラフにして、その点を線で結べば
緩やかなカーブを描いて、ある地点から急上昇するグラフになる。

この曲線には「成功曲線」という名前がついている。

成功するまでの時間と成果をグラフにすると何事も決まってこの形になるという。

勉強における勉強時間とテストの成績。

サッカーや野球の練習時間とチームの勝率。

セールスマンの訪問した回数と契約率。

なぜ、多くの人は挑戦しても諦めてしまうのか。

それはこの法則を知らないからだ。

時間軸で考えれば、目標を達成するまで半分まできているのに、
成果だけを見たら、3千メートルに対してわずか40センチ。

千倍してもまだ足りない。

そりゃぁ、心が折れてしまう。

「オーマイ・ゴッドファーザー~頑固おやじのデタラメ教育論~」
(岡根芳樹著) より引用

                 「ヒダカズのココロの授業・比田井和孝・美恵ブログ」より”


大いに文系な私は、え?25回?ほんとに?

とまずそこが信じられませんでしたがw

17回を超えてからの異常とも言える伸び。

これにもまた驚きました。


地味に新聞紙を折り続けている時には、富士山の高さになる日が来るなんて想像もできない。

全くゴールが見えない中で、なんとなく自分のやっていることがばからしく思えてくる。

他の人は、もっと易々と簡単に結果を出しているのに、なぜ自分はこんな地道な作業を繰り返しているんだろう。

もうやめ!時間の無駄!もっとすぐに結果の出る画期的で新しいことにチャレンジしよう!

・・・この気持ちをコントロールして、試行錯誤を重ねながら、ずっと続けてきた人が、ある日気がついたら新聞紙を富士山の高さにまで積み上げられる人なんだと思います。


「10,000回だめでへとへとになっても10,001回目は何か変わるかもしれない」

と言った人もいました!

私も辛抱の時は成功曲線を頭に思い描いて、日々精進していきたいと思います!






大阪・神戸・京都地域の事業所様へ産業医をご紹介します。巡回健診・ストレスチェック・訪問診療のご相談は愛泉会におまかせください。