ストレスチェック, ブログ, 産業医契約

砂の城

愛泉会の健康経営アドバイザーYです。


明日から4連休という方も多いのではないでしょうか。

本来なら、いよいよオリンピック開会式、日本中が沸き立っていたことでしょう。

今日のような世の中になるとは、ほんの1年ほど前は想像もしていませんでした。


先日、作家の喜多川泰さんがブログに書かれていた文章をご紹介させてください。

‟「砂の器」

砂で作った城のように
どれだけ時間をかけて丁寧に作ったものであっても
大きな波がやってきてあっという間に跡形もなくなってしまうということが
僕たちの人生の中では
何度か起こります。

そこに費やした日々や苦労、努力を思い出し
そこにあった城の姿を思い出しては
涙し、ぶつけようのない怒りを抱き、無力感に苛まれ
もう一度あれを作る気力もなくしてしまう。

そんな気持ちになることもあるでしょう。

でも、同じものを作ろうとするのではなく
新しく出会った仲間と今度は全く違うものを作ろうとするのであれば
気力が蘇ってくるかもしれません。
今度はもっと違った形のものを作ってみようとすれば
一度作ったというノウハウが生かされて
より良いものが、より上手に、早く作れるかもしれません。

例えそれが砂の城であり
また、流される日がやってくるとしても
それを繰り返していく。
誰かと何か新しいものを作っていくことの楽しさを
人生を通じて味わう。
作ったものではなく、作っていく毎日を慈しむ。

そんな今日を送りたいですね。

                    喜多川泰 オフィシャルブログ「日々のこと」より ”


予期せぬ事態が起こり計画がとん挫する。

誰もが一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

とはいえ、同時期に、これほど多くの人が、計画の変更を余儀なくされるという事態はそうそうあることではないと思います。

世の中に諦観や無力感が蔓延しているように感じていた昨今、喜多川さんの文章にとても励まされました。

私も、前に作った砂のお城より、より良いものを、より上手に、より早く作れるように。

日々精進したいと思います!

大阪・神戸・京都地域の事業所様へ産業医をご紹介します。巡回健診・ストレスチェック・訪問診療のご相談は愛泉会におまかせください。