ストレスチェック, ブログ, 産業医契約

職場クラスタ―は労災?

愛泉会の健康経営アドバイザーYです。


一時は少し落ち着いたように思われた新型コロナウイルスですが、また感染者数が大きく増加していますね。


通常、「職場で風邪をうつされた」という理由では、業務起因性が認められないため労災認定されることはないと言われていますが、

今回の新型コロナウイルスに関しては、厚生労働省から「労災補償における取扱いについて」という通達が出されています。(基補発 0428 第1号)

「調査により感染経路が特定されなくとも、業務により感染した蓋然性が高く、業務に起因したものと認められる場合には、これに該当するものとして、労災保険給付の対象とすること。」とのことです。

感染経路の特定が無くても労災になり得ることを認める内容となっています。

具体的な取扱についてはこちら


また、職場クラスタ―については、企業の安全配慮義務違反を問われる可能性もあります。

3密を回避する対策をとらない、換気や消毒をさせないなど、明らかに企業側の過失とみなされる環境は要注意です。

産業医の職場巡視が難しい状況下ではありますが、オンラインでのやりとりは可能です。

産業医の指導を受けその指導を実践することで、法的責任等のリスクをできるだけ回避し、感染症拡大防止のための策を講じたという証拠を残すことができます。

コロナ禍における職場環境の維持等でお困りの方、ぜひ一度ご相談ください。






大阪・神戸・京都地域の事業所様へ産業医をご紹介します。巡回健診・ストレスチェック・訪問診療のご相談は愛泉会におまかせください。