ストレスチェック, ブログ, 産業医契約

巣ごもり血行不良

愛泉会の健康経営アドバイザーYです。


女性の健康力向上を通した社会の活性化への貢献を目指す『ウーマンウェルネス研究会 』が、在宅勤務をしており在宅時間が増加した男女455名(首都圏在住 20 代~50 代)を対象に意識調査を実施されました。


調査によると、全体の 74.3%が在宅時間の増加によって身体の不調「在宅疲れ」を感じており、
2 人に 1 人は在宅勤務中の過ごし方として、

ほぼ 1 日中座りっぱなしの状態

であるという実態が明らかとなったそうです。

在宅疲れの症状として多かったのは、

1 位「肩・首のこり(73.4%)」、2 位 「ストレス(73.0%)」、3 位「身体のだるさ(52.8%)」となり、どの症状においても、座りっぱなしで仕事をしている人の方がより不調を感じやすい結果になったとのことです。


私自身、テレワーク期間中も毎日30分以上の散歩を行うようにして、健康管理には十分気をつけていたつもりですが、

ある日突然頭痛で動けなくなり、そこで初めてとても肩が凝っていたことに気がつきました。

散歩していたとはいえ、ヨガレッスンは休止中、ランニングもマスクが苦しすぎて長く走れない…そして何より、必要最低限しか家から出ていない!

知らず知らずのうちに運動不足になっていたことを実感しました。


産業医の福田千晶先生のお話によると、

・歩行不足で血液のめぐりが悪化

・長時間同じ姿勢で身体が緊張状態

・自律神経の乱れから睡眠不調

いわゆる「巣ごもり血行不良」が心身の不調を引き起こすのだそうです。

「巣ごもり血行不良」対策として、

① こりを感じやすい肩や首を温める

② 目もとを温めてリラックス

③ 炭酸入浴で全身の血めぐり UP

④ ふくらはぎを温めて足の不調を軽減

が効果的なのだそうです。

                  ウーマンウェルネス研究会公式サイト「ウェルラボ」より


自粛解除になっても、引き続きテレワークが推奨されているところも多く、休日の外出も活発に行いづらい状況が続きます。

こまめなケアで巣ごもり血行不良を撃退し、軽やかな心身を手に入れましょう。





大阪・神戸・京都地域の事業所様へ産業医をご紹介します。巡回健診・ストレスチェック・訪問診療のご相談は愛泉会におまかせください。