ブログ, 産業医契約

追加経済対策

愛泉会の健康経営アドバイザーYです。


昨日、今年度第2次補正予算案が閣議決定されましたね。

事業支援策としては、

営業自粛などで売り上げが大幅に減った事業者に、

月100万円を上限に家賃の一部を6ヶ月分支給。

資金繰り支援策としては、

実質無利子・無担保融資の上限金額引き上げ。

雇用支援策としては、

雇用調整助成金・小学校等休業助成金の日額上限が1万5千円に引き上げ。

などが盛り込まれているようです。

詳しくはこちら

可能な限りの助成金や補助金・融資制度を利用して、この局面を乗り越えたいという経営者の方が多いと思いますが、

正直なところ給付までにかなりの時間を要している印象を受けます。

申請が遅れれば遅れるほど、給付は当然遅くなります。

いかに早く情報を手に入れ実際に申請を行うかで、今後の資金繰りや経営計画が大きく変わってくるように思います。

申請のための書式が申請期間中に変更になっているものもありますが、最新の様式を使って申請をする方が給付が早くなる場合があると記載されていることもあります。


自粛解除と言われても、急には積極的な営業活動を行うことが難しい今、

助成金など営業による売上以外の収入を得ることに、時間と労力を注いでみてはいかがでしょうか。






大阪・神戸・京都地域の事業所様へ産業医をご紹介します。巡回健診・ストレスチェック・訪問診療のご相談は愛泉会におまかせください。

2020-05-28 | Posted in ブログ, 産業医契約