ストレスチェック, ブログ, 産業医契約

ハンコやめます!

愛泉会の健康経営アドバイザーYです。


GMOインターネットグループが、顧客の各種手続きで印鑑を完全撤廃し、取引先との契約を電子契約のみにすると発表されました。

新型コロナウイルスの感染拡大で出社が制限される現在の状況が長期化することを考慮し、同社グループを含む多くの企業で押印のためだけに出社する従業員がいる状況を鑑みたとのことです。

監督省庁や金融機関への提出書類などで押印を必要とする場合を除いて、2020年4月17日正午に印鑑を完全撤廃されたのだそうです。

とてもスピード感のある決断ですね!


“テレワークが始まった。
ハンコを押すために出社した。”

という電車広告も話題になっているそうです。


メールで受け取った文章を印刷して、ハンコを押し、スキャンした画像をメールで送り返す。

この一連の作業は、事務経験のある方ならこれまでに数え切れないほどこなされている業務の一つなのではないでしょうか。

情報セキュリティー論が専門の上原・立命館大学教授は、

「無意味なことを儀礼的にこなすよう求められるのは、日本型組織の労働生産性を押し下げる要因の一つ」

と指摘されています。

愛泉会事務所では、「良い社員だと思われるためにする無意味な仕事は、すべて否定する」と常日頃から言われています。

ですので、現場の実感として「こんなことして意味あるのかな?」と思うことは、率先してやらないことにしていますw

そのことで注意を受けたことは一度もありません。

むしろ、まだムダ!それがムダ!と言われるほどです。


組織が小さければ小さいほど、大きな改革にチャレンジする際の障壁が少なく、非常に有利だと思います。

新型コロナウイルス感染症の拡大は、今まで逡巡していたことを思い切って実現するチャンスなのかもしれません。








大阪・神戸・京都地域の事業所様へ産業医をご紹介します。巡回健診・ストレスチェック・訪問診療のご相談は愛泉会におまかせください。