ストレスチェック, ブログ, 産業医契約

新型コロナウイルスの3つの顔

愛泉会の健康経営アドバイザーYです。



“新型コロナウイルスによる感染症は、“3つの顔”を持っており、これらが“負のスパイラル”としてつながることで、更なる感染の拡大につながっています。”

日本赤十字社が、この“負のスパイラル”を知り、断ち切るためのガイドとして

「新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!~負のスパイラルを断ち切るために~」を作成されました。

3つの顔とは、「病気」「不安」「差別」とのことです。

詳しくはこちら


「病気」であることは当然ながら、

このウイルスがもたらす第2の感染症は「不安と恐れ」。

このウイルスは目に見えず、ワクチンや薬もまだ開発されていません。
わからないことが多いため、強い不安や恐れを感じ、ふりまわされてしまう。
それらは心の中でふくらみ、気づく力・聴く力・自分を支える力を弱め、瞬く間に人から人へ伝染していくということです。


ウイルスがもたらす第3の感染症は「嫌悪・偏見・差別」。

本能的にこのウイルスを遠ざけたいという気持ちがわき起こり、かかわる人や対象を日常生活から遠ざけたり、差別するなど、人と人との信頼関係や社会のつながりが壊されるとのことです。

特定の人・地域・職業などに対して「危険」「ばい菌」といったレッテルを
貼る心理によって差別や偏見はおこります。

嫌悪の対象を偏見・差別し遠ざけることで、つかの間の安心感を得ようとするのだそうです。


第1の感染を防ぐためには、

「手洗い」「咳エチケット」「人混みを避ける」


第2の感染を防ぐためには、
「気づく力」「聴く力」「自分を支える力」を高める。


第3の感染を防ぐためには、

「『確かな情報』を拡める」「差別的な言動に同調しない」

とあります。


ガイドはわかりやすいイラストと平易な言葉使いで書かれています。

ぜひ一度ご覧いただき、社内での啓蒙活動等にお役立てください。





大阪・神戸・京都地域の事業所様へ産業医をご紹介します。巡回健診・ストレスチェック・訪問診療のご相談は愛泉会におまかせください。