お知らせ, ブログ, 産業医契約

雇用調整助成金(新型コロナウイルス感染症特例措置)

愛泉会の健康経営アドバイザーYです。


新型コロナウイルス感染症の拡大を機に、友人と連絡をとる機会が増えました。

医療従事者やスーパー従業員の友達は、気力と使命感でなんとか激務をこなしている状態で、本当に感謝してもしきれません。

その一方で、「お店を閉めることにした」「明日から休むように言われた」という声は、それ以上に多く聞きます。

限界を超えて働かされる負担や不満と、仕事がない・働けない不安や憂鬱が、働く人々の中で渦巻いているように感じます。


先日、雇用調整助成金ガイドブックが公表されました。

詳しくはこちら

会社都合で従業員を休ませる場合、日割り計算した平均賃金の6割以上の「休業手当」を支払うよう義務付けられていますが、4~6月は休業手当に必要な資金の一部を国が負担する「雇用調整助成金」が拡充されています。


期間:4月1日~6月30日

助成率:中小企業は5分の4 (大企業は3分の2)

    一人も解雇しない場合、

    中小企業は9分の10 (大企業は3分の4)

対象:正社員だけでなく、パート・アルバイトなど非正規従業員も含む


従来より大きく拡充されており、申請書類も簡素化されています。


申請書類はこちら


休業手当が負担で、解雇せざるをえないとお考えの方、助成金を活用すれば、金銭的な負担は大きく軽減されます。

申請から支給までの期間も、従来の2か月から約1ケ月に早められるとのことです。


知恵を絞って従業員の雇用確保に努めていきましょう。






大阪・神戸・京都地域の事業所様へ産業医をご紹介します。巡回健診・ストレスチェック・訪問診療のご相談は愛泉会におまかせください。

2020-04-20 | Posted in お知らせ, ブログ, 産業医契約