ストレスチェック, ブログ, 産業医契約

人との接触を8割減らす

愛泉会の健康経営アドバイザーYです。


「緊急事態宣言」に当たって人との接触を8割減らす取り組みについて、根拠となるシミュレーションを行った厚生労働省のクラスター対策班のメンバーで北海道大学の西浦博教授は、「接触を8割減らすことで、対策が長引くことを避け、社会や経済へのダメージを最小限に抑えることができると考えてほしい」と呼びかけています。

西浦教授によりますと、接触を8割減らすことができれば、2週間ほどで1日の感染者数の数が落ち着きはじめ、さらに2週間たった1か月後には目に見える効果が出てくることが期待できるということです。

一方で、接触の減りかたが不十分で、7割や6割程度にとどまると効果が出るまでに2か月や3か月とかなり長い期間がかかってしまうということで、西浦教授は「痛みを伴っても、接触を8割減らすことで、対策が長引くことを避け、社会や経済へのダメージを最小限に抑えることができると考えてほしい」とのことです。

西浦教授は「減らす必要がある接触とは屋内での会話などで、屋外での散歩やジョギングなどの活動はリスクが低いため含んでいない。8割を減らすというのは、これまで10人に会っていたとしたら、8人とは会わないようにするということだ。特に屋内でのちょっとした会話も含めて接触と考えてほしい。ただ、社会機能を維持するためには医療や物流、ライフラインなどに携わる人の接触は減らすことができない。すでに感染リスクが高いことが分かっている夜の接待飲食の店や飲み会で使う居酒屋、ライブハウスやスポーツジムなどでの接触は、100%に近い形で減らしてもらいたい」

そして、「働き方についても、すぐに8割を減らすことができなくても、リモートワークを徹底的に進めるなどして今週中には4割、来週は6割といったように段階的に減らしてほしい。リモートワークが難しい中小企業などでも、分散出勤などの工夫をしてもらいたい。一人一人の取り組みでは限界があり、会社を運営する立場の人たちに行動をしてもらい、抜本的に変える必要がある」と言われています。


人との接触を8割減らす…

試しに昨日一日、会う人の数をカウントして実験してみました。

これまで具体的に考えてみたことはありませんでしたが、8割減らすというのはなかなか大変なことです。

「屋内でのちょっとした会話」ということであれば、仮にテレワーク中であったとしても、スーパーやドラッグストアのレジの方や持病のための通院など生活を維持する上で、確実に人と接触します。

そういった「やむを得ないと思っていた接触」にまで踏み込んで避けるように生活しないと、8割減は無理だ…と実感しました。

それだけ、知らず知らずのうちに日々多くの方と接触して暮らしていたのだと改めて気がつきました。

ですが、「8割減」というキーワードを覚えているだけで確実に意識は変わってきます。

一日も早くこの事態が終息へと向かうために。

国家権力によって無理やり行動を制限されるのをただ待っているのではなく、

まずは自分が感染拡大を阻止する責任感を持つ時ではないでしょうか。






大阪・神戸・京都地域の事業所様へ産業医をご紹介します。巡回健診・ストレスチェック・訪問診療のご相談は愛泉会におまかせください。