ストレスチェック, ブログ, 巡回健診・出張健診, 産業医契約

テレワークについて考える

愛泉会の健康経営アドバイザーYです。


東京オリンピックの際に本格化すると言われていたテレワークですが、新型ウイルス対策として前倒しで実施する企業が増えてきたようです。

私も以前横浜に住んでいたことがあるのですが、東京へ勤務する通勤ラッシュの電車といったら・・・

生粋の関西人、その中でも「はんなり」文化で育ってきた京都出身のわたくしYには、到底耐え難いものがありました。

目的地に達する頃には疲労困憊、一日の労働エネルギーを全てここで使い果たした…とすら感じるほどでした。

ウイルスに関しても、あの車内ではマスク程度で感染を防ぐのは不可能ではないかと思ってしまいます…

ですので、テレワークが日常となれば、パーソナルスペースゼロな通勤時のストレスから解放され、ウイルス感染の脅威もなく、みなぎる活力でますます仕事に専念できる!という方も多いでしょう。

その一方で、テレワークにもいくつかデメリットがあるのも確かです。

「他の社員とのコミュニケーションが取りづらい」「時間管理が曖昧になる」「自宅では家族もいて仕事のための環境整備ができておらず集中できない」

などがテレワーク経験者の方から出る意見だそうです。

会社側としても、セキュリティー面の不安や管理方法の煩雑化などの問題が考えられます。

テレワークの導入に対しては、労使ともに個々の実状に合わせた試行錯誤が必要となるでしょう。

全社的な取り込みとしていきなり開始するのではなく、まずは、テレワークを切実に望む事情のある方から順番に始めてみてはいかがでしょう。





大阪・神戸・京都地域の事業所様へ産業医をご紹介します。巡回健診・ストレスチェック・訪問診療のご相談は愛泉会におまかせください。