ストレスチェック, ブログ, 巡回健診・出張健診, 産業医契約

プレゼンティーイズムとアブセンティーイズム

愛泉会の健康経営アドバイザーYです。


皆さま、「プレゼンティーイズム」と「アブセンティーイズム」についてご存じですか?

「アブセンティーイズム」とは、病気や体調不良などによって、 欠勤や休職、遅刻、早退をする状況のことで、周知のごとく労働生産性を損なうとみなされてきたものです。

一方「プレゼンティーイズム」とは、出勤はしているものの何らかの不調のせいで頭や体が思うように働かず、本来発揮されるべきパフォーマンスが低下している状態のことです。

近年はこの「出社してるが生産性が上がらない=プレゼンティーイズム」の方がより深刻な問題だと言われています。

不調の原因として、慢性疲労症候群、うつ病、腰痛・頭痛、花粉症をはじめとしてアレルギー症、生活習慣病等が挙げられます。

「プレゼンティーイズム」の解決には、職場ごとの課題に応じた対策が必要になります。

休暇や勤務時間中の定期的な休息が取りやすい環境の整備、ストレスチェックの推進や産業医など相談窓口の周知などもその一例です。


心身ともに健康な状態であれば、従業員の方は本来の能力やパフォーマンスを発揮することができ、それが企業としての労働生産性の向上に直結します。

一度「プレゼンティーイズム」の観点から、職場をチェックしてみてはいかがでしょうか。




大阪・神戸・京都地域の事業所様へ産業医をご紹介します。巡回健診・ストレスチェック・訪問診療のご相談は愛泉会におまかせください。