ストレスチェック, ブログ, 巡回健診・出張健診, 産業医契約

ワークエンゲイジメントとは

愛泉会の健康経営アドバイザーYです。


皆さま、「ワークエンゲイジメント」という言葉をご存知ですか?

「ワークエンゲイジメント」とは、

労働者の心の健康度を示す概念のひとつで、仕事に対して 「熱意」「没頭」「活力」の三つが 揃って充実している心理状態のことです。

働き方改革による従業員の生産性向上の必要性が高まる中、従業員のエンゲージメントレベルを上げることが、重要な解決策として注目されています。


平成30年版厚生労働省労働経済の分析(労働経済白書)のコラムによると、

「ワークエンゲイジメント」に関連する概念として「バーンアウト(燃え尽き)」 「ワーカホリズム」「職務満足感」があげられます。

従業員の「仕事への態度・認知」を肯定的にする取組を推進し、ワーク・ エンゲイジメントを高めていくことは、非常に重要な取り込むです。

ただし、ワーク・エンゲイジメントが 高い労働者は、仕事に対する熱意の高まりから時間を忘れてしまい、長時間労働につなが る可能性があるため、過重労働にならないように適切なマネジメントを同時に推進していく必要があります。

仕事に対して過度のエネルギーを費やした結果、疲弊的に抑うつ状態に至り、仕事への興味・関 心や自信を低下させた状態、いわゆる「燃え尽き」にならないよう、また、ワーク・エンゲイジメントが高い労働者が、ワーカホリックな労働者に転換しないように、企業はしっかりとマネジメントしていくことが重要です。

ワーカホリックな労働者を称えるような職場環境を見直す等、働き方をめぐる企業風土の在り方についても検討していく必要があります。


会社や仕事に対する愛着心や熱意が高いことはもちろん評価されるべきですし、それらは自ずと労働生産性の向上に繋がることが期待されますが、一人ひとりの労働者をよく見て冷静に管理する視点も必要ではないでしょうか。

「いつもとてもがんばっているが、少し様子がおかしいな」と思われる従業員様がおられたら、迷わず産業医にご相談ください。



大阪・神戸・京都地域の事業所様へ産業医をご紹介します。巡回健診・ストレスチェック・訪問診療のご相談は愛泉会におまかせください。