ストレスチェック, ブログ, 産業医契約

ONE TEAM!

愛泉会の健康経営アドバイザーYです。

今年の流行語大賞が発表されましたね。

年間大賞は「ONE TEAM」でした!

チームワーク研究の第一人者の一人、リチャード・ハックマン博士は、

「ただ単にチームのこだわりだけではチーム力は発揮できない。メンバーたちのポテンシャルを生かすことができない」と。「世間ではチームをめぐる問題の原因と結果の順序を逆にとらえている」と指摘しています。

具体例として挙げたのが、交響楽団を対象にした調査です。

 ハックマン博士いわく、個々がチームに多少の不満を抱えているオーケストラの演奏の方が、メンバー全員が満足しきっているオーケストラのパフォーマンスよりも優れていることが分かったのだそうです。

チームメンバーたちが「最高の結果を残したい」という目標を共有できていると、「もっと自分にできることはないか?」とおのおのが努力する。その結果として、いい演奏ができた時に「このチームのメンバーでよかった」と満足感が得られ、さらに「チーム力」は進化していくのだそうです。

 もちろんその前提条件として、リーダーが「チームづくり」にこだわり、絶対的な方向性を示すことが必要不可欠。リーダーは「チームとしていい結果を出すこと」にこだわり続ける必要があり、その熱がメンバーに伝わったときに初めて、個々人が自分に足りないこと、自分がやるべきことに向き合うことができるのだそうです。

 それはまさにラグビー日本代表を率いたジェイミー・ジョセフHCが掲げた「ONE TEAM」であり、「ベスト8進出」という日本代表の目標です。

            ※河合薫「チームワーク至上主義の誤解と「ONE TEAM」の奥義より


そう考えると、「ONE TEAM」って奥が深い!!

この言葉について改めて考えさせられます。

皆さまの所属するTEAMはいかがですか?


大阪・神戸・京都地域の事業所様へ産業医をご紹介します。巡回健診・ストレスチェック・訪問診療のご相談は愛泉会におまかせください。