ストレスチェック, ブログ, 巡回健診・出張健診, 産業医契約

ストレスチェックは必要ですか?

愛泉会の健康経営アドバイザーYです。


先日、高畑充希さんが主演のドラマを見ていたら、人事部に所属している主人公が社員全員にストレスチェックの用紙を配布していました。

これ!私ども愛泉会でもご提供しているサービスの一つです。

主人公は一人ひとりに記入をお願いするのですが、業務が多忙であったりそれぞれに事情を抱えていて、なかなかスムーズに用紙を回収することができません。

同期の男性社員には「そんなもの必要?」と露骨に嫌な顔をされていました。

ちょっとそこの男子!

充希ちゃんに代わって申し上げますが、ストレスチェックは必要なのです!

ストレスチェックの目的は、「労働者がメンタルヘルス不調となることを未然に防止すること」です。

「メンタルヘルス不調」の原因や程度は様々ですが、過去の労災認定事例など業務に起因するものに関する主要な問題点としては、以下の二点があげられます。

1.労働者が自身のストレスの程度に気づかないまま重度化している
2.職場環境にストレスの原因が内在するにもかかわらず改善されていない

これらの対策として1.については各種のカウンセリングやセルフケアの方法が開発されていますが、そのためにはまず各労働者が自分自身のストレスの程度に気づく必要があります。

また、2.についても職場集団全体のストレスチェックのデータを通して、職場環境に関する問題点の把握やそれに対する有効な対策の実施が期待出来ます。 ストレスチェックはこれらを実行するための手段と言えます。

             ※一般社団法人 労働衛生マネジメント協会HPより抜粋



ドラマの中で、ストレスチェックを軽んじていた男性社員は、本人の想像以上にストレスを抱えていて、結局自宅から出られなくなってしまいます。

ストレスチェックの用紙を記入している時間すらない追い詰められた状況下で、果たして「ストレスなどない」と言い切れるでしょうか。

たしかに負担になるほどの作業量では困りますが、ストレスチェックは基本的に1年に1度だけです。

用紙の記入が面倒であれば、スマホやPCによるWEB上での実施も可能です。

充希ちゃんのようにストレスチェックでお悩みの人事部の皆さま、どうぞお気軽にお問い合わせください。




大阪・神戸・京都地域の事業所様へ産業医をご紹介します。巡回健診・ストレスチェック・訪問診療のご相談は愛泉会におまかせください。